俺と怠惰イズム。。

このページはryuunosukeと名乗る者がやんややんや書いてます。since 2011-05-26

インド旅行記2

(投稿日:2012/09/13)

空港泊をしていた俺です。どうもこんにちは!

7時くらいかな。起きたはいいんですけど、もうね、目とかパッサパサなんですよね。
ずっと座って寝てたもんだから?分かんないですけど、あんま疲れ取れないんですよね。
というわけで、横の席が空いていたので、横になって寝ました。おやすみー!(日本では朝10時半)

ちなみにこの時、目薬を買い忘れてたことに気付くわけです。
まあ、いいか。

でまあ、インド人ライクな寝方をデビューして、10時くらいですかね。目覚めます。
日本ならいいともが終わってます。
この日のいいともは柳葉敏郎さんがテレフォンショッキングに出たはずです。前の日、羽田で見てましたから。
踊る大走査線のアレでね。

まあ、いいんですけど。
なんか、あんま疲れが取れなくて、ボーっとテレビを見てたわけです。
先日のロンドン五輪の映像がいろいろ流れてて、いやすごいなあ、とか、腹壊すのかなあ、とか思いながらね。

でまあ、こうしてもいれん!と、気合一発飛び出すわけです。
どりゃー!!うわ暑いーー!!インド暑いよーーう!!!
と、思いきや、全然。全然暑くないの。びっくりした。インド人もびっくり。

まずは、何をするにもお水が必要なわけです。というわけで、水を買おうとしたのですが。
昨日の両替で、1000ルピー札と500ルピー札オンリーでもらってしまったのですが、ほんとねー、両替するときは100ルピー札以下ももらった方がいいです。
空港のキヨスクとかその周辺で、水を買えません。
インドで、1000ルピー札とかはおつりがないからってことで、店に断られることが多いらしいですが、500ルピー札もしかりです。
というわけで、空港の外に飛び出してしまったので、再び入ることもできず(そういうシステム)。
新たにお金を得ることも叶わなくなってしまったわけです。
色んなとこで聞くも、500ルピーじゃ会計できんと言われる。

ここは、そこそこの値段で物を買うしかあるまい。

というわけで、わけわからんカフェで、120ルピーのサンドウィッチを食います。
チキンだけだったかな?チーズ入れるか聞かれましたが、サービスと思わせてしっかり金取られそうだったので、断りました。
でまあ、これがねー、カレー味なんですよ。
どこにも書いてないけど、まあ、ここはインドですから。びっくりしました。

でまあ、遅めの朝ごはんでおつりが出ましたので、10ルピーで水500mlを買いました。高い?

で、空港から町に出たいんですが、こういう時は、ほんとにメトロが便利!
面倒な交渉をリキシャーとする必要もなし。いきたいところに間違いなく行けるし。
これはタイで学びました。

というわけで、メトロを探したわけなんですが。
なんかねー、黒いビニールみたいなのが貼ってあって、隠してあるんですよね。
もう、バレバレなんですよ。オレンジの看板に黒いビニールで。
これねー、リキシャーワーラーの策略で、メトロに乗せんぞという企みかと思いまして。いやほんとに。
メトロの方に向かったわけです。
メトロの方に向かうと、ビニール隠し切れてなくて、全然おおっぴろげに方向が分かるようになってくるんですね。
で、こんなからくりには引っかからんぞと向かうと、閉まってるんですよねー、ええ。
メトロのとこ真っ暗なんですよ。
やってないんですよね、ほんとに。なんでですかね。

まあ、やってないのはしょうがないですので、とにかく町に出る方法を探すわけです。
で、次の手段として考えられるのは、バスですね。
これは、混んだら嫌だなーと思ったのですが、意外と混んでいなく、というかむしろガラガラで、これで向かうことに決定。
こちらが、デリーのコンノートプレイスまでで80ルピーでした。

でまあ、とりあえず、予定をできるだけ早くfixしたいので、駅へ行って切符を買うことに。
駅の2階に外国人専用窓口があると思ってたのですが、何もありませんでした。
人に聞くとさらに上の階にあるとのこと。
で、行ってみると、リタイヤリングルームのみで、オフィスはありませんでした。

で、今冷静に考えてみたら、騙されていたんでしょう。
そこにいる人に、もう、外国人専用窓口はなくなったと言われました。
ええ、そんなわけはないんです。
でも、僕の世界ではもう外国人専用窓口はなくなっていますので、そこら辺はご容赦下さいませ。
で、政府の旅行会社に行けばチケット取れるよと言われまして。
リキシャーに乗せられまして。
20ルピーで。
そしたら、まっすぐ向かってくれたんですよね。ほんとに。
場所は間違いないことは確認しました。
いやー、今思えば間違ってたのかなあ。
でも、その時は、なんていい人なんだこの人たちは!と思っていて。
でも、その時は、なんていい人なんだ俺は!となってたんでしょう。(うまくない)

タイで散々(ってほどもないけど)騙されたのに、何してんの俺は。
インド人はマユツバでかからなきゃいかんですなあ、ほんとに。

でまあ、そこで、俺があまりにもお金がなかったので、だいぶ揉めたんですけど、ある程度の予定をfixしました。
まあ、前半はほぼ固定で、後半は自由度が高い感じで。かなりわがままは言いました。
当初の予定からは変えまして、主に北インドを色々行く感じになりました。
まあ、もともとムンバイとかに魅力がなかったので、後押しされる形で。

でまあ以下が今後の予定。
6日プシュカルへ。
7日プシュカル観光。キャメルサファリ込み。
8日ジョードプルへ。
9日ジョードプル観光。
10日ジャイプルへ。
11日ジャイプル観光。
12日アーグラへ。アーグラから列車でカジュラホーへ。
13日カジュラホー観光。
14日カジュラホー観光。
15日列車でバラナシーへ。
あとは自由。
11日までの宿泊費と朝食。移動のミニバス代、ハイウェイ代、ガソリン代。列車のチケット代。全て込み込みで取ってもらいまして。
これが、950USDと6千円ですね。
今考えた、どう考えてもとられ過ぎですね。
これはぼったくられている。
完全に騙されている。

まあ、いいんです。良くないですが、いいんです。
いやー、ほんと。気を付けないと。

でまあ、ルンルンですよ、その時は。
早速移動するわけです。
これがねー、結局10時間ぐらいかかりまして。
途中、飯屋で370ルピーでカレーを食ったり。すげー辛かった。てか、レストランは高いので絶対行かない。これはタイでも言ってた。
あと、運転手のマラーシュさんが熱っぽいらしく、薬屋を探したり。
二人で安い飯屋入っても、80ルピーで、安いんだか高いんだか分かんなくなったり。

で、もう近づいてくると、真っ暗なんですよね。ほんとに。
で、なんか、すげー地面冠水しているところとか通るんですよね。ちょっとちたアドヴェンチャーですよ。
でまあ、22:30ぐらいにつきまして。
やっとベッドに横になって眠れると思いまして。
で、なんか色々充電してから寝ました。

あのねー、ほんとね。なんか主要なとこって、写真載ってるでしょ、歩き方に。
脳裏とかじゃなく、もう眼球に焼き付けといて下さいよ。
ほんと、ここ違うなって分かりますから。
完全に焼き付けて下さい。下さいませ。

広告を非表示にする