俺と怠惰イズム。。

このページはryuunosukeと名乗る者がやんややんや書いてます。since 2011-05-26

インド旅行記12

(投稿日:2012/09/25)

おはようございます。
砂漠の中からコンニチハ!!

まずねー、くそ寒いのよ。
なんか夜空が白み始める時に目覚めました。
しかし雲で地平線が見えない。。。
寝ました。
起きたら白んでますね。
しかし太陽が見えない。
寝ました。

ガイドさんの「紅茶できたよー」で目覚める。
って、太陽出とるやないかーい!
って感じで、よく分からんと思いますが、とにかく朝日を拝むことは出来ませんでした。
何しに行ったんだ俺は。

で、朝食はチャパティのようにこねたものに砂糖を加えて焼いた、なんか、そういうやつです(名前忘れた)。
残ったやつは近くに寄ってきた犬とカラスにあげました。

そして、準備を整えたら帰ります。
荷物をらくだにくくる時にらくださんが、ウヒィ!って言うのが、申し訳ないんだけど、ほんとに笑えてしまえた。
あのー、分かりづらいと思うんでちゃんと説明しますと、紐でね、鞍とか、布団とかの荷物をくくりつけるわけなんですけど。その紐が、背中の荷物に対して、腹のとこでくくられるわけですよ。
で、しっかり固定させるために、ギュッって引っ張るじゃないですか、紐を。
そしたら、多分腹回り苦しいんでしょうね。あの、お姫様が無理して腰の細いドレスを着るような感覚ですよ。
ウヒィ!って言うんですよね。ほんとに。
ガイドさん、フンッ!って言って、紐引っ張ると、それに合わせてらくだがウヒィ!って。伝わるかなー、この感じ。
なんか、熱湯風呂に入った芸人見てるような感覚です。

で、餌付けしたせいか、犬がめちゃめちゃついてくるんですよね。
で、道中ガイドさんがマッシュルームを拾いつつ帰るわけです。
でこれがまたいいんですよね。
白いポコっとしたのが、茂みの近くにたまに一本だけ生えてるんですよ。
で、その辺の細い枝を折って、それに刺して一緒に持ち歩くんですよねー。
生活の知恵みたいな、ここに住む生活を垣間見たようで非常に興味深かったです。


マンガラムに帰って、お会計を済ませてから、バス停まで送ってもらいました。
待ちながらチャイを頂いて、バスにてジャイサルメールに帰ります。

まずは駅へ。
夜の電車でバラナシーに向かい始めちゃおうと思って、鉄道のチケットを予約しに行こうと思ったのですが。
ここジャイサルメールの鉄道予約窓口は13:45に閉まっちゃうんですよ。
俺の2人前のとこで終わりました。
すごいよ。ほんとに。
容赦なく、シャッ!ってカーテン閉められました。
で、ローカルのとこ開くまで粘ってたんですけど、やっぱりだめでした。

仕方なく、市街に出て、観光を開始。
もう城も閉まっちゃってるし、ろくなことねえなあとか思いながら、ぶらぶら。
色んなホテル勧誘されつつ。
目指すは歩き方のトーキョーパレスです。
久々にドミトリーにでも泊まろうかなと思いまして。
で、結局、かなり探して見つけたんですけど、他に宿泊者が全然いなくて。
ドミトリー結局貸切でした。

で、ホテルの人にバスと鉄道のチケットをとってもらいまして。
僕はバザールに繰り出すわけですよ。

で、まあインド人に捕まりまして。
ほいほいついてったんですけど、色々案内してくれまして。
マハラジャの別荘とかね?
で、サンセットポイントに連れてってもらって、色んな話をしました。
セールスマンなんですけど、カーストのせいで今の仕事をしているから、自力で勉強してもっと上の仕事に就けるように英語の勉強とかをしているらしいです。
宗教も、色んな宗教をリスペクトしているから、どれか1つを信じているわけじゃない、とか。
なんか教養が深いなあ、みたいな風に思ったわけですよ。
俺と同い年で、家族のために働いて、お金がないから独学で勉強して。
ほんと見習うところは大きかったです。
休みなんてないって言ってたしなあ。

そんなこんなで、当たり前の流れですが、彼の土産屋に連れてかれまして。
まあ、ここジャイサルメールには城があるんですけど、その中のお土産屋でした。
中に入るつもりだったので、好都合ということで、ほいほいついてったわけですが。
彼のいとこが僕にセールスしてくれたんですけど、ぼったくろうとしてくるわけですよ。こいつがまた。
で、もうね、最後は喧嘩ですよ。
値下げしろだの、無理だの。なんかもうむちゃくちゃですよ。
いやね、俺も別にいいんですけど。
その、怒った態度すれば日本人は押し負けるから、みたいな感じで、威圧してくるのがどうも気に食わないんですよね。
まあ、ほんとに怒ってんのかも分からないですけど。
で、結局お土産を俺の言い値で買うことができまして。
いやー、買い物はエネルギー使いますね。

で、宿に帰り、真っ暗の中いとこじゃない方がバイクで送ってくれたので、ありがたかったです。

帰ったらバス・鉄道のチケットを取ってくれてまして。
バスは翌朝の。ジョードプルまで。鉄道は明日の夜。バラナシー近くのムガル・サライ駅(?)まで。
明日からまた移動日です!
この日はシャワーを浴びて洗濯をして、Wifiで家族と連絡したりしてから、寝ました。

おやすみー!

広告を非表示にする