俺と怠惰イズム。。

このページはryuunosukeと名乗る者がやんややんや書いてます。since 2011-05-26

インド旅行記14

バラナシ(Varanasi)での生活編です。
なぜ最近ちょっと箇条書き風なのかと言いますと、クーリー村でペンを失くしてからメモが取れてないので、すごくポロポロ忘れてしまっていて、残念ながら細かい感情とか忘れてしまっているわけです。
良く言えば、今を生きてる。
悪く言えば、残るものが少ない。活かせない。

バラナシでペンを買ったので、もう大丈夫なのですが、なんかメモを取る生活から離れてしまったので悲しいことにあんまり有効には使えてないです。なんだそれ。
まあ、今を生きてるんです!ですよ!!

バラナシはほんといいです!最高です。
まず、ご飯が美味しい!というか、カレー以外が物凄く充実していますので、お腹壊してても安心してご飯が食べれます。
俺、腹壊してる時の選択肢がバナナしかなくって、それがなくなったのがありがたかったです。
でも、なんだかんだマサラ料理はあんま食べなくなってますね。甘えですかね。
自分の旅行なんだから好きにさせてくれって感じですけどね!


そんなこんなで、バラナシには1時間遅れの5時過ぎに到着。
バラナシというか、そっから離れたムガル・サライ(Mughal Sarai)という駅です。
ここに着いて、早速市街地へのリキシャーの交渉ですね。これがまた曲者と言いますか。
なんか、250Rsで一律だとか、言いよるんですよね。なんか看板まで出てて。
150Rsで!って値切ったんですけど、乗り合いならいいよってことで、乗り合いの相手を待ってたんですけど。
いつ頃来るの?って聞いたら、30~40分後とか言いよるんですよ。
ありえないじゃないですか、夕方ですよ。宿決めないと大変なことになりますから。
もう今すぐ言ってくれ!200Rsで!って言ったら、なんかあっさり行ってくれました。
しかもハイウェイで、リキシャー運転させてくれました。すげー気さく!!どうしたその人の変わり様は!

で、市街地の入り口ゴード・ウリヤーまで送ってもらい、200Rs渡すと、もっとくれみたいな態度を示すわけですよ。なんだこいつ!と思いつつ、約束だから、と言って別れを告げます。
そして、急いで移動して宿を決めます。
色々見ようと思ったんですけど、フレンズ・ゲストハウスという、まあ、日本人宿ですよ、に泊まりました。
ここでの出会いが今の俺の状況を作り上げてるわけです。素晴らしいね、出会いは。
その日はドミが空いてないとのことで、200Rsでシングルを借りました。
で、時間限定でフリーWifiとのことで使っていたのですが。
その時一緒にWifiを使っていたドミにいる男2人と知り合いました。
で、彼らについていって、ご飯屋に行き、色々話すわけです。
ラッシーも飲みました。
その内の男1人もラッシーを飲みました。
その日は帰って寝ました。

その夜、腹を壊しました。


翌日(19日)、腹を壊してトイレに立て篭もります。
ドミに移っていいとのことで、別にそんなテンションじゃないのに移りますと、昨日ラッシーを飲んだ男もゲーゲーのピーピーでして。
ああ、ラッシーね、となりまして。
休んでたり、休んでばっかじゃだめだ!とばかりに飛び出したり、うんこもらしそうになったり、バナナ食べたり。
色々してましたね、この日は。
でも基本的に腹痛組はベッド2つ並んで寝てました。
で、結局、ドミにいた方1人と腹痛の仲間がコルカタの方に旅立って行き、ドミは僕と1人の友達で住むことになったわけです。
コヤツとはずっと同じドミにいるんですが、いい奴です。面白いし。同い年だし。
まあ、ほんとに良い出会いをしたなあと、書いている今(2012/09/22)、実感するわけですね。
この日は夜はお腹も回復して、ご飯をしっかり食べに行ったり、お土産を買いまくったりしました。
ここバラナシーはとてもお土産が安いです。
服やらスカーフやら、他の都市じゃ考えられないくらい安いです。
インドならここで買うのが間違いないです。ほんとに。
具体的には、アラディンパンツ(だぼっとしてて涼しいズボン)が100Rsとか、スカーフも言い値で150Rsとかです。
まあ、とにかく安すぎます。
Tシャツも安い。Mサイズで良い値が80Rsとか。Sサイズで50Rsです。
1Rs=1.5円くらいで換算してください。

あと、ラッシーはものによっては?なのかな。生水を使ってたりするので、気をつけた方がいいです。
でも、めちゃめちゃ旨いので、飲んだ方がいいです。


20日。
朝早起きするも、霧がかかってて、朝日は見れませんでした。
で、お腹は完全復活!ここに来て水便しか出てなかったので、固形が出た瞬間は涙止まりませんでした。
この日は、ソナさんという怖いくらいに日本語が堪能な方がいらっしゃるんですが(歩き方にも載ってます。)。
その方と物々交換ということで、物とちょっとのお金を払って、ネパールの歩き方を買いました。
ちょっと古かったんですけど、まあ、地図があるというのは心強いです。
こちらは、ネパールが載ってると思って持ってきた東南アジアの歩き方(タイの時に使ったやつ)と、旅行用洗剤2パックと、未使用のチョコラBBです。
あと、ちょっとお金を渡しました。ネパールの歩き方って需要あるんだねー。そりゃそうか。
で、また土産屋をぶらぶらしてお土産をちょっと買って。
で、お暇でしたので色んなとこをぶらぶら歩きまして。
有名なマニカルニカー・ガートというところに行きました。火葬場ですね。
目の前に人が焼かれるところを見てきました。
真面目なことを言うと、なんか、現実味なくって、そんな中で見てる自分が怖かったですね。
多分、自分の中で死というものがまだ遠く感じられてしまっていて、思考停止というか、特に何も考えられなかったです。精神的に幼すぎるんだと思います。
あー、って感じで。

で、そこは、ガイドに捕まってお金を請求されるということで有名なんですが、これは初めて来た人はしきたりとかあんのかな、とか思って引っかかっちゃうよね。
俺も引っかかりかけた、というか、こっち来いって言われたんだけど、怪しいから行きたくねーなーと渋ってたら、日本人の方について行かなくていいよ、と神のお告げを頂きまして、事なきを得ました。
ありがとうございます。見知らぬ旅の方。

その後、帰り際にBBB(なんとかなんとかベーカリー)っていう情報ノートに載ってたレストランを見つけたので、あんまお腹減ってなかったのですが、入ることに。
でまあ、普通にうまかったです。久しぶりにフランスパン的な固いパン食べたので、あごが疲れた。あと、値段の割りに量は少ないかなと思いました。
その時の腹減り具合では、丁度良かったんですが。

そして、宿に無事帰ってきたわけですが、勢いでガンガーにインしてきました!
俺はチキンなので、肩まで入って、すぐに拭いて、帰りました。すぐシャワー浴びました。
帰ったとき、あれ?何か忘れました?みたいに言われたしね。そこまで早かったか!!
まあ、健康が第一ですよ。一応ガンガー入ったってことにしてください。
なんか、入った人の半分が倒れるという情報を聞いて、すこぶるビビッてました。ました、っていうか、今もそんなに入りたくはないですけど。

で、モナリザというレストランがあるので、スタッフドトマトカレーを食べたんですが、辛すぎて死ぬ思いをしました。
久々のカレーで、これか。みたいな。
食堂ずっと痛かったわ。
その後来た子も、チキンカレー食べてたけど、すげー辛いって言ってた。

で、その辺で知り合った日本人の方々と飲もうや!って話になりまして。
ビール買って飲みました。インド初ビール!いえーい!冷えてておいすぃー!
で、GHの門限を過ぎて、ほんとダメな日本人というか、ダメな客だなと自責して、寝ました。

そんな感じ、この日は。


21日。
この日も曇っていて朝日が見れず。
この日は、以前から話には聞いていたマザーベビースクールという学校に通えない子たちのためのフリースクールにボランティアに行ってきました。
まあ、ボランティアとか言いつつ、ただ見守ってニコニコするぐらいしか出来ませんでしたが。
でも子供可愛いですね。
ここは、幼稚部と低学年・高学年とで分かれていて、ヒンディー語と英語と算数に科目が分かれています。
自分は基本的に幼稚部の教室にいて、丸付けをやったり、相手してあげたりって感じですかね。
でもやっぱ先生とか長く参加してる人が人気みたいで、丸付け嫌がられたりもしましたねー。子供は純粋でいいですね。
子供たちの学ぶ姿勢っていうのがとても良かったと感じました。
すごい何事も前のめりで。きっと学校に来るのが楽しくてしょうがないんだろうな。
旅学という雑誌がスタッフルームに置いてあるので、隙間時間に読んでいたんですけど、やっぱなんか熱いものをゲットしましたね。
人の心を動かす行動っていうのは、やっぱり素晴らしいことだなと、思いましたよ。
楽しいことをしなきゃね。
ボランティアスタッフの人たちが、なんでここでずっと働いているのか、垣間見た気がします。

そんなこんなで宿のほうに戻ったのですが、小腹が空いたので前々からしつこく勧誘をされていたSONAL RESTAURANTに行ってきました。
メニューを見る限り、スパイシーバイツよりも安くて、どんなんだろうと思っていたのですが。
ここでは、スパイシーバイツと比較できるように、チキンオムライスを頼みました。60Rs。
結果、かなり量もあって、満足!
ただ、チキンがやっぱり少なくて、あと、味が濃かったですね。あんまり日本人受けしないんじゃないかな、とか勝手に思ったり。
で、ぶらぶらしてたら、証明写真を受け付けてくれるところがあって。
4枚で40Rsということだったので、迷わずOKしました!8枚なら50Rsだよ、と言ってきたけど、そんなにいらないです。
自分はネパールに行くための写真がなかったので、すごく助かりました。
受け取りは明日のようです。

で、この日もお土産を買いました。
らくだの皮のカメラケースも買いました。
バッグと合わせて400Rsですねー。ちょっと高かったかな。

そんな日、この日は。


22日。
この日もマザーベビースクールへ。
新しく入ってきた子の面倒を見てあげました。
すごくよく出来る子たちで、びっくりですね。算数とかよくできてた。
英語は、文字と読みが一致してない感じでしたね。
結局ここにいたのは2日間だけでしたが、色々なことを学びました。
ほんと、月並みだけど、学ぶことの多いこと。色んな人が、学ぶことの方が多いと言っていたけど、あのアツい何かを自分からも発信していきたいな、なんて思ったりしたわけです。
記念にミサンガを買っていきました。

この日はブルーラッシーという有名なラッシー屋に行きまして。
ラッシーは腹を壊した経緯があるので、若干心配だったのですが、やっぱり美味しいなー!
なんか、余っちゃったやつをサービスって言ってくれたりして、いっぱい食べました。
ここのラッシーは軽いデザート感覚なので、ほんとに飲むというより食べる感じでしたね。
この日もまたお土産をちょいちょい見つつ、子供用のアリババをオーダーメイドで70Rsで作ってくれるお店があったので、注文。他の出来合いの店だと普通に100とか150とか取られるので、まあいいかなと。
あと、パチカを買ったのもこの日。
果たして帰国してから練習するのかは謎ですが。
ソナさんという人に国境越えるための25USDを両替してもらい、写真も昨日の店に行って貰ってきました。
4ピースでいいって言ったのに、なぜか14ピース作ってきました。
10ピースはサービス!とか言って。要らないよそんなに。

こんな感じで、ほのぼのとバラナシーでの生活は過ぎていきました。
鉄道のチケットがなかなか取れなくて(20日辺りでストがあったり)、思いの外長くいてしまいましたが、ご飯も美味しいし、とてもいいところだと思います。
やっとインドのペースに慣れてきたかな、とか思いつつ、次目指すのはネパール。
道中の旅行者さんから、ポカラは良いよ!と聞いていたのでぜひ行きたかったのですが、そんな時間は残されてません。

次回、ネパール編をお楽しみに!

広告を非表示にする