俺と怠惰イズム。。

このページはryuunosukeと名乗る者がやんややんや書いてます。since 2011-05-26

メモ

自分が昔から馴染んでいたものといいますか、思い出が詰まっているものが、なくなってしまうというのは悲しいことですよ。
そんなセンチメンタルジャーニー。

そんなことを感じる夜もある。

でも、そんなセンチメンタルジャーニーでも、朝早く起きることはできない。
決してできないのである。

えーと、今日は年頃の女の子いっぱいに囲まれて運動をしました。
一瞬、この中にメンヘラと呼ばれる子が何人いるのかな、とか失礼なことを考えちゃったり。
存在意義は分からなかったけど、それなりに楽しかったです。

広告を非表示にする