俺と怠惰イズム。。

このページはryuunosukeと名乗る者がやんややんや書いてます。since 2011-05-26

インド旅行記10

(登校日:2012/09/16)

サブタイトル:砂漠。


砂漠に来ましたよーい!!
まず、昨日、寒くなくてびっくりしたー!とか言って寝て起きたら、くっそ寒かったです。
頭をブランケットから出して寝ている状態だったのですが、それですら寒かったです。
ていうか、寒すぎてあの車両にいたくないレベル。
まじで歩き方の方々生意気言ってすみませんでした。

というわけで、朝は腹痛で起床。
4時とか5時くらいですかね。起きたら6人いるスペースで俺以外全員いなかったのが印象に残っています。
で、トイレ行くじゃないですか。で、ギリギリですよ。ギリッギリ耐えました。ギリギリで下痢じゃなかったんです。
で、腹痛治って、戻るじゃないですか。
寝るじゃないですか。
横になるとまたお腹痛くなるんですよねー。
で、寝て、起きたら、また腹痛いんですよね。
で、トイレ行くじゃないですか。
完全に下しました。来ました。
昨日の最高の気分から急変。めっちゃテンション下がりました。絶対悪いもの食べたやつだこれ。
ついにインドの洗礼を受けました。

思い当たる節が、ありまくる。
1.紅茶屋さんにおごってもらった安食堂で、手を洗わないで生野菜を手づかみで食べた。
2.パリカ・バザールで、出所が分からない水を飲んだ。
3.パリカ・バザールで、出所が分からないご飯を食べた。
4.しかも、あーんされた。何回も。
5.クーラーがマジで寒かった。
6.ディナーの野菜が腐ってるような酸味がした。マジでまずかった。
7.マサラ食べまくった。
8.てかそもそも1日で5食食ってる。

まあ、というわけで、今日は自重しようかなと、思った所存です。

で、何回もトイレ行きまして。
最後にうんこしている間にジャイサルメールに着きました。はや。
予定11時だったけど、10時半とかに着きました。

そんで、結局うんこしてたせいで出遅れまして。
日本人に会うことなく市街へ。
ホテルの客引きがすごい。
全部断りまして、で、リキシャーも断りまして。
歩いて市街へ。一番近い門まで30分足らずですね。
途中、後ろに日本人を乗せたバイクの運ちゃんに話しかけられた時に、その日本人と一言交わしました。
ぐらいで。
その辺でまずバナナを買って、今日の朝食にしました。
で、まずは観光局に行き、地図をもらうついでにクーリー村行きのバスの時間を聞きまして。
12時に門の近くに来るよ。って言われまして。
その時11時だったんんで、テイトーにぶらぶらして時間を潰しまして。
で、12時前にその場所に行って、その辺の出店の兄ちゃんにいつバス来るの?って聞いたんですけど、1時だって言うんですよね。
うそーん。と思って。
向かいの安食堂の兄ちゃんにも聞いたら、12時半だって言って。
どれがほんとなの?と思いながら、日陰で待ってたら。
その辺から買い物に来た男に、話しかけられたので、バス待ってるんだ、と言ったら、そいつは今日はバスは3時に来るよ!みたいに言ってきたので、もうほんとお前ら信用ならねえなと思いつつ、待ってました。
結局、1時半に来ました。
お前ら!!誰か1人くらい当てろ!!
動けなかったせいで昼飯食うタイミング逃したしね!

そんなこんなで、乗ってみると、オールインド人。
まじでか。日本人はともかく、外国の旅行者すらいないとは。
で、ギリギリ座れたんで、良かったですけど、座れなきゃ地獄のような混み具合でした。
隣の男の子は英語が喋れない子だったんですけど、ボディーランゲージでコミュニケーションを取りつつ。
結局1時間半ほどで、クーリー村に着きました。30Rsですね。やっす!
リキシャーに500Rsって言われたよ?300Rsなら考えるって言ったら断られたのに!やっすー!!
そして、ここすげーのどか!!

で、バスを降りると、ホテルの客引きが一人。
付いていってみると、1晩ご飯付きで150Rs。ファンあり。トイレバス付き。
そしてキャメルサファリが、夕方から翌朝までで、500Rs。
まじか!安すぎる!!
と思ったんですけど、安すぎるものには、何かしら理由があるわけです。
とにもかくにも、部屋で休ませてもらったんですけど。暑いし。
なんか、セキュリティが甘めなんですね。
あと、電気が無いんですよね。
それはねえだろと思って、ちょっと他のとこも見てくる、と言って、歩き方にも載ってるマンガラムというホテルに行きまして。
これが、バスの中で、男の子の逆側に座ってた図体のでかい男に、あそこは遠いよー!と言われてて、他のホテルの回し者かな?とか思ったんですけど。
実際めちゃめちゃ遠いです。
びっくりしたわ。遠すぎる。
途中で、ホテルに向かうジープにたまたま拾ってもらって、ホテルへ行きました。
これがまあ、シングルが350Rs。キャメルサファリが朝から翌朝までで1000Rs。
まあ、高いんですけど、歩き方にも載ってるし、安心感がありましたので、結局ここにしました。
部屋きれいだし。みんなノリがいいし。
スタパさん(悪徳旅行会社のボス)も、払っても1000Rsまでだって言われたし、いいかなーって。
で、ゆったりとした時間をスタッフさんと過ごして。
チャイを何杯もご馳走になって。
暇だったから一人でその辺ぶらぶらしようとしたら、オーナーが一緒に行こうよ!!って言ってくれて。
砂漠見たいなーって言ったら、バイクで連れてってくれまして。
で、あの木が目印だから!って言って、砂漠の近くまで送ってくれました。
でまあ、砂漠、ですよ。
すごかった。
そんなに大きくはないけど、でもやっぱり広大だった。
初めての砂漠。
素晴らしい眺めと素晴らしい景色と、夕日。
夕日をパシャパシャやってたらデジカメの充電が切れたので、砂漠に座って夕日を眺め、暗くなる前に帰りました。
で、またゆったりとした時間を過ごして、ディナータイムを待ちまして。

で、ディナータイムは素晴らしく豪華で、楽器隊やダンサーが来て、民族の踊りと音楽を披露してくれて。
で、ディナーも食べ放題で、別料金250Rsですけど、すごく豪華でした。
他の旅行者は全員団体さんだったので、僕に気を使ってか、手伝え、と言って、一緒にご飯を配ったりしました。
で、楽器隊の音楽に合わせて一緒に踊ったり、一緒に簡単な仕事をしたり、ほんとに楽しかったですね。
もし今朝お腹壊してなかったらもっといっぱい食べたのに!
ビールも置いてあって、飲みたかったけど、なんかタイミング逃して飲めませんでした。


で、今に至るわけです。
明日はキャメルサファリをなんだかんだしそうな勢いなんですが、朝から行くと真っ黒に焼けそうなので、ちょっとまだ考え中。
なんか、ゆっくりしたい気もする。
あと、他に旅行者いないんだったらなんかなあという気もします。
夕日と朝日は見たいので、一泊はしたいですけど。

とにかく!確かに高いんですけど、ここはかなり満足してます!!
まあ、満足度は全て終わってから、考えることにします!!

広告を非表示にする